うちの息子は六年間ランドセル「天使のはね」一つで事足りた

うちの息子は六年間ランドセル「天使のはね」一つで事足りた

私はお転婆な少女だったので、小学時代はランドセルのフタというか掛けカバーがボロボロになったりして、二回ほど母親に買いなおしてもらいその度ごとにカンカンに怒られた覚えがある。

とにかくこどもというのは、元気いっぱいであればあるほど健康な証拠なのでランドセルは壊れたって構わないと母親になった私は今ではそう思っているんですけど。

当時の私の母親の時代の時は価値観が違っていたのかもしれませんね。

そしてこどもが小学生にあがる直前になって、天使のはねというランドセルを、ネットで評判だったので試しに買ってみた。

なんとなく前から名前だけはきいたことがあって知ってはいたのだが、知名度だけではなく評判もよさそうなのでこれは買ってみようかな?って感じだった。

そんで、こどもが二年三年と一年ずつ大きくなっていくごとに、すりへったり、留め金が壊れたりするかなあとおもっていたら、意外な事に新品の時とあまり変わらなかった。

私の息子も私に似ていてやんちゃな所があり、よく木にのぼったりイタズラばっかりしているのに、そんな息子なら二年ぐらいでズタボロにするのかなあ?と思っていたら、さすが天使のはねというところか。

かなり丈夫につくられているらしい。

ランドセルを買うなら天使のはねがオススメです

うちは三人のこどもがいて、それぞれ一歳しか年が離れていないだんご的な連番兄弟なのでランドセルを買う回数が三回もあった。

はじめて買いに行った時は、特に何も考えず、適当に近所のデパートにいって適当に選んで買ってきたのだが、さすがに二回目や三回目になるといいランドセルはどうなのか?とか利便性とかに興味が出てきた。

なぜなら、はじめてこどもに買い与えたランドセルを長男は「あまりよくないしダサイ」と言ったのだ。

確かにこども時代は文房具や来ている服がかっこいいとかで結構友達にセンスを試されるみたいな事が私の時にもあったのだが。

ランドセルにはそれがなく画一的でみんな同じものを持っていた。

しかし、今はかならずしも一種類というワケではないらしい。

息子のクラスでは「天使のはね」というブランドがオシャレでかっこいいとか。

種類が豊富なランドセルは天使のはね

そういうわけで、二人目が小学校にあがる前には、事前に天使のはねについてとか、その他もろもろについてとか調べたわけだが、天使のはねがどうやらかなりいいらしいという考えに落ち着いた。

だから次男からは天使のはねに乗り換えたわけだが、長男もかわいそうなので買いなおしてあげたらとても喜んでいた。