債務整理のデメリットは悪いことばかりではない

借金というのは、多少なりとも誰もが体験した事があると思います。
少し足りなくて身内から1万円借りた、なども借金の内に入りますよね。

生活していく上で急な予期せぬ出費はあるものです。
そうしてお金が足りなくなるという事は決して悪い事でも恥じる事でもありません。

ただ、お金を借りるということは現在では想像以上に簡単です。
なので、油断してついつい借り過ぎてしまう借金癖がついてしまうのがいけないのです。

返しきれなくなった借金には、債務整理と言う方法があります。
債務整理は、借金を帳消しにしたり減額したりと借金に苦しむ人への救済措置です。

そう書くとまるで夢のような話ですが、当然債務整理のデメリットはあります。
債務整理の中でも、一番利用しやすいのが任意整理です。メリットは借金の減額。
無理なく完済出来るようになるので、心の負担も軽く過払い金が戻る可能性もあります。

この任意整理のデメリットはブラックリストに載ってしまう事でしょう。
しかし、ブラックリスト=信用情報機関に載ると言う事は思ったほど悪い事ではないのです。

ブッラクリストはあくまで貸金業者の管理であり、会社や周りに知られる事はありません。
ただ、しばらく新たにクレジットカードを作るのが難しくなります。
しかし、その方が借金癖を直すのには良い環境なので、デメリットも悪いことではないようです。