まだまだおまとめローンも厳しい多重債務者がいるようです

多重債務者の数は減りつつあるようです。

借り入れが5件以上ある債務者数は2015年3月末で14万人となり、ピーク時の8%に減ったそうです。

それで14万人なんて!

しかも、5件以上なんて、相当の多重債務ですよね。おまとめローンの審査だったら断られるレベル。

それで、ピーク時の8%なんて、貸金業法が改正されて、総量規制が導入されたのもわかります。

借り入れ件数5件以上が14万人だから、3件以上の人も入れたら、もっともっと人数がいるってことですよね。

今の貸金業法の規制下だったら、まず、5件の借り入れって考えられないだろうな。

総量規制で収入の3分の1までって決められているし、債権者側も、共有の指定信用情報機関で利用情報をかならず確認するようになっているし。

借り入れ数が多い時点で警戒されて審査に通らない確率が高いし、カード会社によっては、キャッシングの利用残高が10万円を超えた時点で、信用情報をチェックして他社の利用状況を確認するところもあるみたいよ。

裁判でもどちらかといえば債務者に有利な判決が多いから、貸す方としても慎重になるよね。